トレチノイン配合のレチンAクリームの効果はどんなものがあるのか

2020年06月01日
顔を洗っている女性

トレチノインが配合されているクリームの中に、レチンAクリームというクリームもあります。このクリームの効果としては、実はいろいろな効果が口コミや安全性確認などで行われています。

このレチンAクリームの効果はいくつか言われていますが、最もよくあるのが肌のターンオーバーを促進させてシミを薄くするという効果です。レチンAクリームは肌のターンオーバーを促進してシミやメラニン色素を薄くして、最終的に取り除いてくれる効果があります。ただし速効性はなく、数か月使い続けることで徐々に薄くなり、最終的にシミがほぼ目立たなくなるとか、完璧に無くなったように見えるかもしれません。

また、ピーリング効果もあります。実はレチンAクリームの場合は肌のターンオーバーを促進するだけではなく、そもそも肌の角質を取り除いてくれる効果があります。このため、小さなニキビや吹き出物、ちょっとした角質のあれなどであれば取り除けるという口コミもあるのです。ですが、こちらもすぐに効き目が出るわけではなく、ある程度使い続ける必要があるでしょう。

そして、中にはトレチノインによって毛穴が消えたとか、肌がふっくらした、という口コミも見かけます。これは肌の状態が改善したという事もありますし、当然肌の状態が改善したために若返ったように見えるという側面もあるでしょう。ただ、トレチノインそのものにはこういった若返りの口コミはあまり見られませんので、どちらかといえば副効果的な側面だったり、ピーリングによって肌の状態が良くなったという事も考えられます。ちなみに、トレチノインを使う場合はその他にもハイドロキノンを使ってシミを薄くしたり、ビタミンC誘導体を使って肌の状態を改善するという使い方もあります。これらは基本的に肌の状態を改善することに役立ちますし、シミを薄くする効果のあるビタミンC誘導体によって肌の状態が改善する、などの口コミが言われています。

ただし、レチンAクリーム自体がそもそも強い薬なので、シミ以外の部分に使うのはあまりおすすめできません。人によっては顔全体に使ってピーリングする、という人もいますが、皮膚が薄い目元などに使うと炎症が起こったり、目に入って病気になる可能性などもあります。このため、目元には使わない事や、シミがない場所には使わないようにするのも方法でしょう。使い方は様々ですが、顔全体に使う時でも目元や鼻の穴の周辺など、皮膚が薄い所や粘膜に入らないように気をつけてください。