鏡を見ている女性

シミはそう簡単に消えるものではなく、日常生活でのケアだけではなかなか消えないものも珍しくありません。
そもそも、どうしてシミは消えないのでしょうか。この原因はそもそものシミが出来る理由と、それらによっておこる影響によるものです。まず、そもそもシミが出来るメカニズムは何かというと、肌の中にあるメラニン色素という物が肌に残り続けたり、肌のメラニン色素が色素を作り続ける細胞であるメラノサイトが色素を作り続けるためです。このため、逆に言えばこのメラノサイトの活動が止まったり、メラニン色素が肌から取り除かれればシミはなくなります。なお、このメカニズムはシミだけではなくそばかすや日焼けなどでも同様のことが起こります。また、髪の色や肌の色を決めるのもメラニンやメラノサイトの影響なので、まったくなくすことは難しいのです。

それではどうしてメラニン色素が残り続けるのかについては、原因はいくつかあります。ひとつはメラニン色素が代謝されないため、ずっと肌に色素が残り続けるという点です。これは特に、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われないか、あるいは老化によって頻度が下がるため、肌に色素が残ってしまうのです。ただ、若くてもシミやそばかすが出来ている場合は、メラノサイトの活動が活発な事が原因となっているでしょう。メラノサイトの活動はある程度肌の状態が改善すれば活動しなくなるはずなのですが、その肌ダメージが残り続けたり、時にメラノサイトが不必要に色を濃くし続けている可能性もあります。

このメラノサイトの活動が続く理由としては、いくつかの原因があります。最も大きいのは紫外線に対する過剰反応で、肌細胞はメラニン色素を多く作ることで肌の細胞や肌のDNAを紫外線から守ろうとするのです。この時、紫外線を過剰に浴びてしまうと当然紫外線から守ろうとしてメラニン色素を多く作るだけではなく、長く作り続けてしまいまいます。紫外線から肌を守るためにシミや日焼けという反応になり、それが長く続けば続くほど、肌にシミが残る可能性は高くなるでしょう。

また、肌に負担がかかったり、何らかのダメージがあるとその部分が跡になったりシミとして残る場合もあります。これはその部分にかかったダメージを回復させるために色素が残り続けたり、肌ダメージを回復させるために色素を作り続ける場合があります。また、必要なくても肌がメラニン色素を作り出しているような場合もあり、その結果として肌に色が残り続けることも考えられるでしょう。この場合は傷跡やダメージもありますが、ニキビ跡や化粧品で負けてしまった部分がホクロになったり、何か黒い点が残る、というような事も考えられます。

その他にも、肝斑というのもあります。肝斑とは30代から40代の女性の頬に起こるもので、原因はホルモンバランスの乱れや崩れ、ストレスの影響などとも言われているのです。適切なケアや更年期対策を行えば対策が上手に出来る場合もあります。

基本的には日焼けですが、さらに肌ダメージや肌トラブルが原因になることもありますし、ホルモンバランスなどが影響する可能性も考えられるでしょう。また、化粧品トラブルや生まれつきという人もいて、その原因をひとつに特定することは難しい場合もあります。とはいえ、このような内容はしっかりケアをすることや、対策をきちんと取ることで改善する場合が少なくありません。専門的な医療ケアなどで改善する場合もありますが、ホームケアで気長にケアしていくのが一般的で、特に年単位でケアをしていくことで改善することが多いでしょう。またインナーケアといって、サプリメントなどを取ることで改善する場合もあります。