管理職でエリートサラリーマンの借金返済の道のり

エリート社員

エリートサラリーマンの借金

社会人として働き始めて、自分でも順調にいっているなという感じで満足な生活を送っていました。管理職にもなり、エリートサラリーマンと言われるレベルになって結婚もし、人生順調に進んでいるなと思っていました。

でもあるとき仕事で大きな失敗を部下がし、その責任取らされることになりました。それまでは順調に進んでいたということもあり、かなりのストレスとなってしまいそのタイミングでパチンコをはじめとしたギャンブルに手を出すようになってしまいました。

最初は毎月の小遣い内で遊んでいましたが、だんだんエスカレートしていき小遣いでは追いつかなくなってしまっていました。でも妻にもそんなことは言い出せなかったし、プライドが邪魔をしてしまっていたのかなと今になっては思います。

でもその当時は小遣いをくれた妻には言いたくなくて、お金を借りるという手段を選びました。大手の消費者金融からお金を借りるという選択をして、その日のうちに融資してもらうことができました。給料も良かったし安定はしていたので、簡単に貸してもらえたのかなと思います。

自分の年収を考えたら少しの金額だしすぐに返せると思ったし、実際にその時は翌月の小遣いで無事に返済することができました。でもこんな簡単にお金を借りられるということから、またギャンブルのためにお金を借りてしまい、気づけばだんだん大きな金額を借りるようになっていってしまいました。

エリートが借金返済できるか?

大きな金額になっていき、小遣いでは返すことができなくなってしまいましたが、とりあえずもうお金は借りないと決心をし、毎月コツコツと返していきました。でもなぜかなかなか返済しなくてはならないトータル金額が減らなくて、消費者金融は利子がかなりのものなんだなと改めて感じることになりました。

借金返済がこんなに困難だとは思っていなかったし、今まで順調な生活を送っていたのがなんだったんだろうと思いました。でもやはり妻にはまだ相談することができなくて、一人で悩んでいました。しかしある時、妻が私の異変に気付いたのか、どうしたのかと問い詰めてきました。

最初はしらばっくれていましたが、あまりにも問い詰められてしまい最終的には観念して消費者金融からお金を借りているということを話すことになってしまいました。かなり怒るかなと思っていましたが、怒るというよりはびっくりする気持ちが強いというようで本当に唖然としていました。

怒られるよりも厳しい時間が流れてしまいましたが、その後は借金返済を妻が一括でしてくれたので本当にありがたかったです。もちろん稼いだのは自分ですが、サラリーマンとなれば家計は妻が握っているので妻にもっと早く相談すれば良かったなと思っています。私の場合は、返済するお金はあったので問題はありませんでしたが、本当に返済するお金がないときにはかなり大変なことになっていただろうなと思います。借金はするべきではないなと改めて思います。

借金返済が終わっていても過払い金請求できる

過払い金

過払い金は返済終了からでも間に合う!

昔借金をしていて、それなりの金額の利子を支払った経験がありました。今は借金返済が終わっているし、返済で結構苦労したのでもう借金はしたくないと思っているので、過払い金とか借金の問題なんかは自分にはもう関係ないことだと思っていたのです。

けれどもテレビやラジオなどで過払い金は司法書士や弁護士事務所に相談してみたほうがいいというCMを何度も見たり聞いたりしているうちに、自分はどうなのだろうとふと疑問に思ったのです。といっても借金にあまりいい思い出がないので、明細書など自分が借金をしていた証拠になるような資料は全部捨ててしまっていたので、無理なのかなと思っていました。

けれどもある日そういった借金の明確な情報がなくても調べられるということを聞き、しかもから這い金があるかどうかを調べるまでは無料だということを知り、電話で聞いてみるくらいはいいかなと、インターネットで自宅から近い法律事務所を探して、最初は無料というサービスを行っている司法書士事務所に連絡してみたのです。

どうなのか確認してみたいけど、明細書とか何もないことを相手に伝えると、相手も私みたいにケースの案件をたくさんな使っているらしく、どこの金融機関でいつごろ借りていたのか、完済したのはいつなのかなど、わかる範囲のことでいいので教えてくれといわれて覚えている限りのことを答えました。

過払い金は時効10年!

過払い金は10年という時効があるらしいのですが、幸い私はまだ時効になる前で、もしかしたら返ってくるお金があるかもしれないということで、詳しく調べてもらうことにしました。お金を払ってまで調べる気は起きなかったと思うのですが、過払い金があるかどうか調べてくれるまでは無料で行ってくれるというのもお願いしようと思った理由です。

さすがにすぐその場で調べることはできないので、ある程度の時間はかかったのですが、いくつか借りていた金融会社のうち数社からいくらかのまとまったお金を返してもらえることがわかりました。
司法書士事務所へ支払う依頼料も、その帰ってくるお金の中から支払うことができるので、借金返済が終わっている身としては何の損もなく、逆に臨時収入があるということがわかってすごくうれしくなりました。依頼料も戻ってくるお金から支払うので、厳密には自分のお金から支払うのかもしれないけれど、借金返済も終わっていてすでになかったはずのお金からなので、損をしたという気持ちもなく、それでもある程度まとまったお金をもらうことができるのでお得感しかなかったです。
借金返済はなんとか終わっていましたが、返済期間はけっこう大変な思いをしていたので、忘れたころの過払い金でお金が戻ってくるのは臨時収入になってすごくうれしく思いました。
過払い金があるかどうかまでは、無料で調べてくれるところもあるので借金をしたことがある人はとりあえず問い合わせてみるともしかしたら予想外の臨時収入があるかもしれないです。”

司法書士に借金返済相談をしました

カードローン

クレジットカードのうまみを覚えてしまった!

大学を卒業してから社会人として働き始めましたが、社内の雰囲気がとても良く、頼れる上司もいたので楽しく働いていました。会社では年に1回、社員旅行がありますが、その時に海外に行くことになりました。同僚からは海外ではクレジットカードで決済するほうが便利だからと教えてもらったので、クレジットカードを持参することにしました。

大学生の時にクレジットカードを作ってから、ずっと持っていましたが利用したことはありませんでした。親が現金払いの方が良いという考え方だったこともあり、友人たちがクレジットカードが便利と言って使っていても、自分は使ったことがありませんでした。

しかし海外旅行でクレジットカードを利用してみたところ、飲食店や免税店で簡単に決済することができるのでとても便利だと感じました。

後から一括請求になるのは大変だと感じることもありましたが、利用金額に合わせてポイントが付与されるので、それを使ってまたお買い物金額として支払えるのでお得だと感じました。

それからは国内で買い物をするときにも現金をほとんど持ち歩かずにクレジットカードを利用するようになりました。給料日前になってお金が不足してしまうとキャッシングサービスを利用できることも便利で、いつのまにかクレジットカードに頼る生活になってしまいました。

そうなると一回払いよりもリボ払いの方がいいと考えるようになりました。毎月の返済額が抑えられると、お得な感じがするからです。

キャッシングが利用不可!

クレジットカードに頼る生活を2年ほど続けたところ、ある時、キャッシングを利用しようとしたら利用不可という表示が出たので驚きました。問い合わせをしたところ、限度額まで利用しているのでこれ以上はキャッシングできないという答えが返ってきました。

その時になって利用明細をしっかり見たところ、カード利用だけで100万円を超えていることがわかりました。利息もかなり高く設定されているので、使った金額よりも多い金額を当然ながら返済しなければなりません。

リボ払いにするとそれだけ利息を多く支払わなければならないのですが、一括返済をする余裕もありません。そんな時にちょうど車の買い替え時期になってしまい、困ってしまいました。

車がなければ仕事に大きな支障が出てしまうので、消費者金融にお金を借りて、クレジットカードの返済に充てることにしました。

しかし自転車操業のような状態で、このままでは自己破産になってしまうのではないかと不安になり、司法書士に借金返済相談することにしました。

司法書士からは消費者金融に関しては過払い金が発生している可能性があると指摘され、さらにクレジットカードの返済が無理な場合は債務整理をしたほうがいいとアドバイスをしてもらうことができました。自分では借金をどうすればいいのかわからなくて不安ばかりでしたが、司法書士に解決すべきことを丁寧に説明してもらうことができたので、気持ちが落ち着きました。

カードローンの返済も債務整理で楽に

カードローン

カードローンの恐怖

カードローンの使用計画を誤り、返済が滞った場合には、債務整理という手法を活用することで無理なく返済を続行することができます。
自己破産という方法もありますが、これは借金そのものを棒引きにする方法であり、手続きの煩雑さや時間のかかり具合などの障害が多く、また認められるケース自体が限定されるため、多くの場合には債務整理、とくに任意整理という形がとられます。
これは、借り入れ先を任意で選択し、その利息部分を圧縮した状態で、元の金額のみにしてから分割で返済していくという方法がとられるのが一般的で、司法書士による法的な手段を経て行われる合法的な手続きです。
支払いが間に合わなかった際の督促などの取り立て行為に対しての法的な抑止力も持ち合わせているため、いざという時には冷静にこの任意整理の手続きを行うと良いでしょう。
費用の支払いはその場では必要なく、借り入れ先であるカード会社などとの話し合いが行われている期間に分割で支払うというケースが多いです。
これは、利用者の負担を最小限に抑えるという面があると同時に、この分割支払いが、その後の分割返済を問題なく継続していけるという証明として使われるという側面もあります。
まずはこの司法書士に支払う費用の分割払いを滞りなく済ませることで、借り入れ先に分割での返済を認めさせる材料になります。
利息分を踏み倒すという形になってはしまいますが、それ以外の全体をも無しにしてしまう自己破産に比べて、分割で元金の返済が約束されるこの任意整理というシステムは、ほとんどの場合受理されています。

債務整理で解決!

支払いには月々決まった金額を送金するというやり方が取られますが、契約で定められた回数支払いが滞った場合には、一度法的に認められた利息分の帳消しが無効となり、また分割での支払いという契約上の譲歩も無くなり、全額を一括で返済しなければならないという法的な義務が生じてしまいます。
ここでさらに支払い能力が無い場合、新たに自己破産の手続きを始める以外に方法がなくなってしまいます。
これは金銭的、時間的なロスが非常に大きく、また一度は認められなかった自己破産の申請を再度行っても認められる可能性は低い為、万事休すの状態になってしまう危険性が非常に高いと言えます。
分割での返済の支払い金額は話し合いによって決定され、かなり余裕のある金額が認められる場合がほとんどなので、この線が最後に与えられた猶予であると心得て、しっかりと返済を進めていく必要があります。
最終的に支払う金額がかなり減免され、期間としても長期間の余裕を持った計画で返済していける、非常に良心的なシステムが債務整理です。
任意整理は必要書類もほとんど無く、督促などに対する法的効力を持つ契約がその場で締結できるとあって、その利用価値は非常に高いです。
いざという時のためにその存在について知っておくことで、慌てて不幸な事態に陥ることを防ぐことができます。

奨学金で困った時は借金返済について相談しよう

奨学金

奨学金制度とは?

進学に際して金銭的な余裕がない時でも、奨学金制度を利用することで費用を工面することが可能です。しかしながら奨学金は基本的に借金をすることですので、返済をしていかなければいけません。ところが借金返済について苦しんでいるケースは多く、延滞者は右肩上がりに増え続けて30万人以上もいると言われているのです。
平均をすると300万円程度の返済を行っていかなければいけませんが、低所得などを主な理由に返済ができない人が沢山います。そして返済が滞ってしまうと利息も付いてしまいますので、さらなる苦境に立たされてしまうのです。

返済ができない場合、利息がプラスされる以外にも困った問題が発生してしまいますが、まず連帯保証人に対して請求が行くようになります。しかも借金が膨らんでいることによって、時には何百万円という単位の請求が連帯保証人の元に届く可能性もあり、当人だけの問題ではなくなってしまいます。実際に奨学金が元で保証人になった人が突然大きな借金を負うことになったというケースもありますので、関わりのある人は楽天的に考えていることはできません。

返済できないリスク

返済が滞っている人物としてブラックリストに載ってしまう危険性もあります。要は信用情報に傷が付いてしまい、それによってクレジットカードを作る時や車を買う時のローンなどの審査で不利になってしまう可能性も考えられます。幸いブラックリストに載ったとしても、その情報は金融機関の中でしか共有されませんので、就職に響くなどのリスクはありませんが、しかしながら社会生活に支障をきたしてしまう可能性は否定できません。

長く返済が滞っている状態ですと、差し押さえのリスクがあるのも問題点のひとつです。返済ができていないと融資元や保証会社から返済についての連絡が入ってきますが、最終的には段階を踏んで一括返済を求められます。それでも返済ができないとなると、差し押さえが発動されますので、強制的に徴収がされるようになってしまうのです。例えば給料がある場合は4分の1までが没収の対象となります。全額取られてしまうことはないものの、返済が厳しい中での差し押さえですのでさらなる苦境になってしまう可能性は高いはずです。
このように奨学金を返済しないことで状況が悪化してしまう可能性がありますが、しかしながら対応策がないわけではありません。対処法としてはまず、返済の猶予制度を利用する選択肢が挙げられます。借金をなくしてもらえるわけではないものの、返済の期限を延ばしてもらえたり、返済額を減らしてもらえることがあります。
もし、それでも返済ができない場合は、債務整理を考えるのも選択肢のひとつです。奨学金は借金ですから債務整理の手続きで対応することも可能であり、場合によっては免責を受けられる可能性もあるのです。借金をなくすことができることもありますので、もしもの際の手段として考慮することも必要と言えるでしょう。”

借金を抱えやすいFX

FX借金

FXの特徴

数ある投資の中でも、FXは特に借金を抱えやすいことで知られています。FXにはほかの投資にはない特性があり、その特性によって借金をする投資家が増えているのです。

一般的な投資は、多くの場合で自分の投資資金を超える金額を投資することができません。株式投資は信用取引が可能ですが、それでも投資資金の3倍までに限定されていて、不動産投資を行うときは不動産投資のシステムの中では投資資金を借りることができず、銀行の融資を受けなければならないのです。

しかし、FXにはレバレッジというシステムがあり、最大で自己資金の25倍までの取引ができるようになっているのです。つまり、1ドルが100円という為替レートにある状況で、1万ドルを購入するためには100万円が必要になります。しかし、25倍のレバレッジを利用すれば4万円の自己資金を用意すれば1万ドルを購入することができるようになっているのです。相場が予想通りに動いたとして、1ドルが110円になれば110万円で保有しているポジションを売却することができるため10万円の利益を上げることができます。

このように、レバレッジは相場が予想した方向に動けば効率的に利益を上げることができる優れたシステムですが、相場が予想とは逆の方向に動いてしまった場合は損失が加速度的に増えてしまうということでもあるのです。上記の例の場合、1ドルが90円になれば10万円の損失になります。自己資金が4万円しかないため、この時点で6万円の借金を背負うことになってしまうのです。

FXとリスク管理

実際には、自動的にロスカットシステムが働いて自己資金がゼロ円を下回る前にポジションが決済されますが、為替市場は値動きが非常に早く、ロスカットシステムが働く前に為替レートが極端に動いてしまう危険性があるのです。そうなると、自己資金がゼロ円を下回っている状態でポジションが決済されることになり借金を抱えるという結末になります。

借金をした場合、FX会社に対して返済をしなければなりません。相談すれば分割払いなどに応じてくれますが、免除されることはまずありません。完済するまでに利息もかかるため一刻も早く返さなければならないのです。

最近では、バイナリーオプションという仕組みの為替取引も行われるようになっています。これは、数分後や数十分後などの指定された時刻の為替レートが現在よりも高くなっているか低くなっているかを二択で選択するという投資方法です。一般的なFXとは異なり勘でも当たることがあるためギャンブル的な投資をする人が多いのです。バイナリーオプションではレバレッジを利用することはできませんが、二択というシステムに運を任せ、大金を投入してしまうのです。
FXはそのシステムにおいて、ほかの投資よりも借金をしやすい傾向があります。投資をするときは自分なりの投資ルールを決め、リスクを管理しながら自己資金の範囲内で行うことが大切なのです。

ソーシャルゲームの問題点

ソーシャルゲーム

ソーシャルゲームとは?

今、世間で大ブームを巻き起こしているのがソーシャルゲームです。
既存のテレビゲームとは一線を画する娯楽であり、ソーシャルと頭につくようにソーシャルメディアと連動したゲームとなっています。
据え置き型ゲーム機の場合、基本的にプレイはカセットやディスクに記録されたデータの中で完結します。

ロールプレイングゲームなら主人公を育成し、敵キャラをバトルで撃破し、ストーリーを進めていきます。そして世界の謎を解き明かしてラストバトルに勝利する事でゲームクリアーとなります。その他、隠し要素ややりこみ系の要素は多々ありますが、基本的にソフトに記録されたデータの中で完結していますので、いくらやり込んでもプレイにお金は掛かりません。

一部のロールプレイングゲームではDLCと呼ばれる課金要素が出てきましたが、それでも主人公やその仲間キャラクターに着せられる衣装やBGM変更のグッズ等、言わば遊び要素の拡張であり、それがなければプレイが出来ない、といった種類のコンテンツではありません。

ソーシャルゲームにはまる

翻ってソーシャルゲームですが、基本的なゲームプレイ自体は無料のタイトルが多いですが、継続的に遊ぶためにはお金を使う必要があります。

キャラクターを自分好みに育成するためにリアルマネーが必要なるのがソーシャルゲームの問題点です。基本的なプレイだけなら無料で遊べるものの、運が非常に大きくプレイヤーを左右するため、無課金だと順当に攻略する事さえ出来ない仕様となっています。

また最初からわざと不便な設定でゲームデザインをしておき、その不便さを解消したいなら有償のアイテムを購入しなければいけない等、据え置き型ゲーム機とは対照的に、ソーシャルゲームの多くが最初から課金を前提とした仕組みが施されています。

またスマートフォンという非常に身近な物でプレイ出来てしまうため、ついつい熱くなるあまり、クレジットカードで無意識的にアイテム課金をしてしまう中毒性もあります。

実際にソーシャルゲームで借金をしたり、生活費を使い込んでしまう人々が現れてきており、またソーシャルゲームを運営する会社の中にも「景品表示法違反」が指摘される悪徳業者が続出しています。

どん底からの挑戦

Oさんのプロフィール

仮名 A.Oさん
年齢 32才
家庭 独身
仕事 WEBマーケティング事業

詐欺事件に巻き込まれて借金苦に

独身は寂しいと感じていたのがダメでした。独身でも幸せだ、いつかは相手が見つかるに違いないと希望を持っていればよかったのです。しかし仕事は順調でしたのでマンション購入を考えてみようと思ったのです。お金が有り余っていたので。もちろんいきなりマンション購入に至ったわけではありません。色んな投資関係のお話を聞いているうちに思いつたのでした。入門の勉強やセミナーにも出席しました。しかし最大級のミスがあったのです。それは投資に失敗した人の意見をきかなかったことです。成功した人の意見ばかりを聞き、ネットで検索すらしませんでした。検索すると断末魔だとか恐ろしい事実がたくさん見えてきました。先にこれをみておけば良かった。はじめようぜマンション購入の広告を見たのが間違いでした

詐欺事件に巻き込まれてしまったのです。被害相談をしようと思った頃にはもう遅かったです。女性の詐欺写メだとか会社のサービス残業だとかまだ可愛いものです。本当の詐欺事件で私のすべてが奪い取られてしまったのです。裁判や逮捕だと思ったのですがすでに犯人は逃げてしまって消息不明です。夢の中でも追いかけられ殺される夢を見始めました。おそらく心が不安定だったんでしょう。蛇や蜘蛛が身体の上を這いまわり、逃げても逃げてもついてくるのです。爆発や雷の中、飛行機の落下の夢を見続けるのです。あまりにも精神がまいってしまってスピリチュアルカウンセラーのところに行きました。カウンセリングは意味をなしませんでした。スピリチュアルペインのようなものを感じ始めました。根源的な痛みです。こんな状態なら死んだほうがいい。そこまで行ってしまったのです。宇宙とは何か。人生とは何か。その答えは。謎の構造物を横目に、宇宙の果てを越え、意識は外側へ、宇宙の始まりを見ました。しかしそれもまた現実ではなくやはり夢でした。そして気づいたのです。もう一回ここからやり直そうと。私は再び誕生をする。

人生はいつでもやり直せる。その結論に至ったのです。

弟は大丈夫だ! 10年ぶり!10年ぶりの3冠馬!

Cさんのプロフィール

仮名 Cさん
年齢 40才
家庭 妻と子ども3人(男2人、女1人)
仕事 アパレル関係

起業がきっかけで借金苦に

Cさんは大学を出た後に、就職氷河期も何も関係なく大手電機メーカーに就職しました。入ったころは仕事も楽しく、負かされる仕事もすべて楽しかったようです。

けどそんなある日、独立しようかな、大手だけど仕事に飽きたしな。人生はチャレンジしていかないと。そういうことで妻と相談しアパレル系の会社を立ち上げました。

素晴らしい衣服ができあがり店頭に並べる、そんな毎日でした。しかしさっぱり商品が売れなくなってきたのです。それというのも近くに外資系のお店ができて、全部お客をもっていかれたのです。

また長男のKくんが不良と絡んで暴走族となり警察に追われる毎日となりました。家庭は荒れました。Cさんはお酒を飲みびたりギャンブルも始めました。最初は競馬だけでしたが、次に競輪、さらにパチンコまで。

消費者金融大手三社にも手を出しました(アコム、アイフル、モビット)。これぞ本当の三冠馬だな、と自分を自嘲しつつ行く所までいってしまってローン地獄に落ちてしまったのです。ある日妻にばれてしまって離婚の申し出を受けました。(あとで調べた所、彼女は浮気をしていたのです。騙されたんです)。そしてもうだめだなと俺と思った時、弁護士を競馬仲間から紹介されました。俺破産したことあるんだ、1回。なるほどと思って近所の法律事務所に足を運んだというわけです。

時間はかかりましたがなんとかお金の問題は解決。今から子どもたちとの関係を修復しようとする、そういう毎日を送っています