借金返済が終わっていても過払い金請求できる

過払い金

過払い金は返済終了からでも間に合う!

昔借金をしていて、それなりの金額の利子を支払った経験がありました。今は借金返済が終わっているし、返済で結構苦労したのでもう借金はしたくないと思っているので、過払い金とか借金の問題なんかは自分にはもう関係ないことだと思っていたのです。

けれどもテレビやラジオなどで過払い金は司法書士や弁護士事務所に相談してみたほうがいいというCMを何度も見たり聞いたりしているうちに、自分はどうなのだろうとふと疑問に思ったのです。といっても借金にあまりいい思い出がないので、明細書など自分が借金をしていた証拠になるような資料は全部捨ててしまっていたので、無理なのかなと思っていました。

けれどもある日そういった借金の明確な情報がなくても調べられるということを聞き、しかもから這い金があるかどうかを調べるまでは無料だということを知り、電話で聞いてみるくらいはいいかなと、インターネットで自宅から近い法律事務所を探して、最初は無料というサービスを行っている司法書士事務所に連絡してみたのです。

どうなのか確認してみたいけど、明細書とか何もないことを相手に伝えると、相手も私みたいにケースの案件をたくさんな使っているらしく、どこの金融機関でいつごろ借りていたのか、完済したのはいつなのかなど、わかる範囲のことでいいので教えてくれといわれて覚えている限りのことを答えました。

過払い金は時効10年!

過払い金は10年という時効があるらしいのですが、幸い私はまだ時効になる前で、もしかしたら返ってくるお金があるかもしれないということで、詳しく調べてもらうことにしました。お金を払ってまで調べる気は起きなかったと思うのですが、過払い金があるかどうか調べてくれるまでは無料で行ってくれるというのもお願いしようと思った理由です。

さすがにすぐその場で調べることはできないので、ある程度の時間はかかったのですが、いくつか借りていた金融会社のうち数社からいくらかのまとまったお金を返してもらえることがわかりました。
司法書士事務所へ支払う依頼料も、その帰ってくるお金の中から支払うことができるので、借金返済が終わっている身としては何の損もなく、逆に臨時収入があるということがわかってすごくうれしくなりました。依頼料も戻ってくるお金から支払うので、厳密には自分のお金から支払うのかもしれないけれど、借金返済も終わっていてすでになかったはずのお金からなので、損をしたという気持ちもなく、それでもある程度まとまったお金をもらうことができるのでお得感しかなかったです。
借金返済はなんとか終わっていましたが、返済期間はけっこう大変な思いをしていたので、忘れたころの過払い金でお金が戻ってくるのは臨時収入になってすごくうれしく思いました。
過払い金があるかどうかまでは、無料で調べてくれるところもあるので借金をしたことがある人はとりあえず問い合わせてみるともしかしたら予想外の臨時収入があるかもしれないです。”