管理職でエリートサラリーマンの借金返済の道のり

エリート社員

エリートサラリーマンの借金

社会人として働き始めて、自分でも順調にいっているなという感じで満足な生活を送っていました。管理職にもなり、エリートサラリーマンと言われるレベルになって結婚もし、人生順調に進んでいるなと思っていました。

でもあるとき仕事で大きな失敗を部下がし、その責任取らされることになりました。それまでは順調に進んでいたということもあり、かなりのストレスとなってしまいそのタイミングでパチンコをはじめとしたギャンブルに手を出すようになってしまいました。

最初は毎月の小遣い内で遊んでいましたが、だんだんエスカレートしていき小遣いでは追いつかなくなってしまっていました。でも妻にもそんなことは言い出せなかったし、プライドが邪魔をしてしまっていたのかなと今になっては思います。

でもその当時は小遣いをくれた妻には言いたくなくて、お金を借りるという手段を選びました。大手の消費者金融からお金を借りるという選択をして、その日のうちに融資してもらうことができました。給料も良かったし安定はしていたので、簡単に貸してもらえたのかなと思います。

自分の年収を考えたら少しの金額だしすぐに返せると思ったし、実際にその時は翌月の小遣いで無事に返済することができました。でもこんな簡単にお金を借りられるということから、またギャンブルのためにお金を借りてしまい、気づけばだんだん大きな金額を借りるようになっていってしまいました。

エリートが借金返済できるか?

大きな金額になっていき、小遣いでは返すことができなくなってしまいましたが、とりあえずもうお金は借りないと決心をし、毎月コツコツと返していきました。でもなぜかなかなか返済しなくてはならないトータル金額が減らなくて、消費者金融は利子がかなりのものなんだなと改めて感じることになりました。

借金返済がこんなに困難だとは思っていなかったし、今まで順調な生活を送っていたのがなんだったんだろうと思いました。でもやはり妻にはまだ相談することができなくて、一人で悩んでいました。しかしある時、妻が私の異変に気付いたのか、どうしたのかと問い詰めてきました。

最初はしらばっくれていましたが、あまりにも問い詰められてしまい最終的には観念して消費者金融からお金を借りているということを話すことになってしまいました。かなり怒るかなと思っていましたが、怒るというよりはびっくりする気持ちが強いというようで本当に唖然としていました。

怒られるよりも厳しい時間が流れてしまいましたが、その後は借金返済を妻が一括でしてくれたので本当にありがたかったです。もちろん稼いだのは自分ですが、サラリーマンとなれば家計は妻が握っているので妻にもっと早く相談すれば良かったなと思っています。私の場合は、返済するお金はあったので問題はありませんでしたが、本当に返済するお金がないときにはかなり大変なことになっていただろうなと思います。借金はするべきではないなと改めて思います。

借金返済が終わっていても過払い金請求できる

過払い金

過払い金は返済終了からでも間に合う!

昔借金をしていて、それなりの金額の利子を支払った経験がありました。今は借金返済が終わっているし、返済で結構苦労したのでもう借金はしたくないと思っているので、過払い金とか借金の問題なんかは自分にはもう関係ないことだと思っていたのです。

けれどもテレビやラジオなどで過払い金は司法書士や弁護士事務所に相談してみたほうがいいというCMを何度も見たり聞いたりしているうちに、自分はどうなのだろうとふと疑問に思ったのです。といっても借金にあまりいい思い出がないので、明細書など自分が借金をしていた証拠になるような資料は全部捨ててしまっていたので、無理なのかなと思っていました。

けれどもある日そういった借金の明確な情報がなくても調べられるということを聞き、しかもから這い金があるかどうかを調べるまでは無料だということを知り、電話で聞いてみるくらいはいいかなと、インターネットで自宅から近い法律事務所を探して、最初は無料というサービスを行っている司法書士事務所に連絡してみたのです。

どうなのか確認してみたいけど、明細書とか何もないことを相手に伝えると、相手も私みたいにケースの案件をたくさんな使っているらしく、どこの金融機関でいつごろ借りていたのか、完済したのはいつなのかなど、わかる範囲のことでいいので教えてくれといわれて覚えている限りのことを答えました。

過払い金は時効10年!

過払い金は10年という時効があるらしいのですが、幸い私はまだ時効になる前で、もしかしたら返ってくるお金があるかもしれないということで、詳しく調べてもらうことにしました。お金を払ってまで調べる気は起きなかったと思うのですが、過払い金があるかどうか調べてくれるまでは無料で行ってくれるというのもお願いしようと思った理由です。

さすがにすぐその場で調べることはできないので、ある程度の時間はかかったのですが、いくつか借りていた金融会社のうち数社からいくらかのまとまったお金を返してもらえることがわかりました。
司法書士事務所へ支払う依頼料も、その帰ってくるお金の中から支払うことができるので、借金返済が終わっている身としては何の損もなく、逆に臨時収入があるということがわかってすごくうれしくなりました。依頼料も戻ってくるお金から支払うので、厳密には自分のお金から支払うのかもしれないけれど、借金返済も終わっていてすでになかったはずのお金からなので、損をしたという気持ちもなく、それでもある程度まとまったお金をもらうことができるのでお得感しかなかったです。
借金返済はなんとか終わっていましたが、返済期間はけっこう大変な思いをしていたので、忘れたころの過払い金でお金が戻ってくるのは臨時収入になってすごくうれしく思いました。
過払い金があるかどうかまでは、無料で調べてくれるところもあるので借金をしたことがある人はとりあえず問い合わせてみるともしかしたら予想外の臨時収入があるかもしれないです。”

司法書士に借金返済相談をしました

カードローン

クレジットカードのうまみを覚えてしまった!

大学を卒業してから社会人として働き始めましたが、社内の雰囲気がとても良く、頼れる上司もいたので楽しく働いていました。会社では年に1回、社員旅行がありますが、その時に海外に行くことになりました。同僚からは海外ではクレジットカードで決済するほうが便利だからと教えてもらったので、クレジットカードを持参することにしました。

大学生の時にクレジットカードを作ってから、ずっと持っていましたが利用したことはありませんでした。親が現金払いの方が良いという考え方だったこともあり、友人たちがクレジットカードが便利と言って使っていても、自分は使ったことがありませんでした。

しかし海外旅行でクレジットカードを利用してみたところ、飲食店や免税店で簡単に決済することができるのでとても便利だと感じました。

後から一括請求になるのは大変だと感じることもありましたが、利用金額に合わせてポイントが付与されるので、それを使ってまたお買い物金額として支払えるのでお得だと感じました。

それからは国内で買い物をするときにも現金をほとんど持ち歩かずにクレジットカードを利用するようになりました。給料日前になってお金が不足してしまうとキャッシングサービスを利用できることも便利で、いつのまにかクレジットカードに頼る生活になってしまいました。

そうなると一回払いよりもリボ払いの方がいいと考えるようになりました。毎月の返済額が抑えられると、お得な感じがするからです。

キャッシングが利用不可!

クレジットカードに頼る生活を2年ほど続けたところ、ある時、キャッシングを利用しようとしたら利用不可という表示が出たので驚きました。問い合わせをしたところ、限度額まで利用しているのでこれ以上はキャッシングできないという答えが返ってきました。

その時になって利用明細をしっかり見たところ、カード利用だけで100万円を超えていることがわかりました。利息もかなり高く設定されているので、使った金額よりも多い金額を当然ながら返済しなければなりません。

リボ払いにするとそれだけ利息を多く支払わなければならないのですが、一括返済をする余裕もありません。そんな時にちょうど車の買い替え時期になってしまい、困ってしまいました。

車がなければ仕事に大きな支障が出てしまうので、消費者金融にお金を借りて、クレジットカードの返済に充てることにしました。

しかし自転車操業のような状態で、このままでは自己破産になってしまうのではないかと不安になり、司法書士に借金返済相談することにしました。

司法書士からは消費者金融に関しては過払い金が発生している可能性があると指摘され、さらにクレジットカードの返済が無理な場合は債務整理をしたほうがいいとアドバイスをしてもらうことができました。自分では借金をどうすればいいのかわからなくて不安ばかりでしたが、司法書士に解決すべきことを丁寧に説明してもらうことができたので、気持ちが落ち着きました。