奨学金で困った時は借金返済について相談しよう

奨学金

奨学金制度とは?

進学に際して金銭的な余裕がない時でも、奨学金制度を利用することで費用を工面することが可能です。しかしながら奨学金は基本的に借金をすることですので、返済をしていかなければいけません。ところが借金返済について苦しんでいるケースは多く、延滞者は右肩上がりに増え続けて30万人以上もいると言われているのです。
平均をすると300万円程度の返済を行っていかなければいけませんが、低所得などを主な理由に返済ができない人が沢山います。そして返済が滞ってしまうと利息も付いてしまいますので、さらなる苦境に立たされてしまうのです。

返済ができない場合、利息がプラスされる以外にも困った問題が発生してしまいますが、まず連帯保証人に対して請求が行くようになります。しかも借金が膨らんでいることによって、時には何百万円という単位の請求が連帯保証人の元に届く可能性もあり、当人だけの問題ではなくなってしまいます。実際に奨学金が元で保証人になった人が突然大きな借金を負うことになったというケースもありますので、関わりのある人は楽天的に考えていることはできません。

返済できないリスク

返済が滞っている人物としてブラックリストに載ってしまう危険性もあります。要は信用情報に傷が付いてしまい、それによってクレジットカードを作る時や車を買う時のローンなどの審査で不利になってしまう可能性も考えられます。幸いブラックリストに載ったとしても、その情報は金融機関の中でしか共有されませんので、就職に響くなどのリスクはありませんが、しかしながら社会生活に支障をきたしてしまう可能性は否定できません。

長く返済が滞っている状態ですと、差し押さえのリスクがあるのも問題点のひとつです。返済ができていないと融資元や保証会社から返済についての連絡が入ってきますが、最終的には段階を踏んで一括返済を求められます。それでも返済ができないとなると、差し押さえが発動されますので、強制的に徴収がされるようになってしまうのです。例えば給料がある場合は4分の1までが没収の対象となります。全額取られてしまうことはないものの、返済が厳しい中での差し押さえですのでさらなる苦境になってしまう可能性は高いはずです。
このように奨学金を返済しないことで状況が悪化してしまう可能性がありますが、しかしながら対応策がないわけではありません。対処法としてはまず、返済の猶予制度を利用する選択肢が挙げられます。借金をなくしてもらえるわけではないものの、返済の期限を延ばしてもらえたり、返済額を減らしてもらえることがあります。
もし、それでも返済ができない場合は、債務整理を考えるのも選択肢のひとつです。奨学金は借金ですから債務整理の手続きで対応することも可能であり、場合によっては免責を受けられる可能性もあるのです。借金をなくすことができることもありますので、もしもの際の手段として考慮することも必要と言えるでしょう。”