借金したけど債務整理を頼めばチャラになるの?

借金をしても弁護士に頼めばチャラになると考えている人はいますが、結論から言って、それは難しいです。例えば債務整理弁護士サイト等で検索をして相談などをすると、債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの種類があることを知ります。そして最もよく利用されているのが任意整理です。

自己破産をすれば、借金はゼロになりますが、多くの人は自己破産を選びません。なぜなら、大きなデメリットがあるからです。自己破産をすると借金はすべてなくなりますが、資産もすべて没収されてしまいます。車やマイホームなどの資産価値のあるものは、すべて没収されます。

さらに、5年~10年間はブラックリストにのってしまうので、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。マイホーム購入のための住宅ローン、自動車購入のための自動車ローンが組めなくなるということは、人生に大きな影響をもたらすかもしれません。5年~10年という期間は、結構長いです。

また、ギャンブルや浪費で大きな借金を作った場合、免責不許可事由に該当するので、免責が下りない可能性があります。すなわち、借金がゼロにはならないということです。それだけでなく、最初から破産をして踏み倒すつもりで借金をした場合には、詐欺罪に該当してしまう可能性もあります。

さらに、自己破産を弁護士に依頼すると、30万円~40万円程度の弁護士費用がかかります。さらに、裁判所に納める予納金で20万円程度がかかることもあります。借金がゼロになっても、弁護士費用と裁判所費用は払わなければなりません。

このように、デメリットがとても大きいので、多くの人は任意整理で解決しようとします。しかし、任意整理で減額できるのは、利息と遅延損害金だけであり、元本はすべて返済しなければなりません。また、任意整理でも5年間はブラックリストにのってしまいます。

一番良いのは、借金をしてもきちんと返済をしていくことです。無理のない金額を借りて、余裕をもって返済をしていくことが、結果的には一番得をします。

ソーシャルゲームの問題点

今、世間で大ブームを巻き起こしているのがソーシャルゲームです。
既存のテレビゲームとは一線を画する娯楽であり、ソーシャルと頭につくようにソーシャルメディアと連動したゲームとなっています。
据え置き型ゲーム機の場合、基本的にプレイはカセットやディスクに記録されたデータの中で完結します。

ロールプレイングゲームなら主人公を育成し、敵キャラをバトルで撃破し、ストーリーを進めていきます。そして世界の謎を解き明かしてラストバトルに勝利する事でゲームクリアーとなります。その他、隠し要素ややりこみ系の要素は多々ありますが、基本的にソフトに記録されたデータの中で完結していますので、いくらやり込んでもプレイにお金は掛かりません。
一部のロールプレイングゲームではDLCと呼ばれる課金要素が出てきましたが、それでも主人公やその仲間キャラクターに着せられる衣装やBGM変更のグッズ等、言わば遊び要素の拡張であり、それがなければプレイが出来ない、といった種類のコンテンツではありません。

翻ってソーシャルゲームですが、基本的なゲームプレイ自体は無料のタイトルが多いですが、継続的に遊ぶためにはお金を使う必要があります。
キャラクターを自分好みに育成するためにリアルマネーが必要なるのがソーシャルゲームの問題点です。基本的なプレイだけなら無料で遊べるものの、運が非常に大きくプレイヤーを左右するため、無課金だと順当に攻略する事さえ出来ない仕様となっています。
また最初からわざと不便な設定でゲームデザインをしておき、その不便さを解消したいなら有償のアイテムを購入しなければいけない等、据え置き型ゲーム機とは対照的に、ソーシャルゲームの多くが最初から課金を前提とした仕組みが施されています。

またスマートフォンという非常に身近な物でプレイ出来てしまうため、ついつい熱くなるあまり、クレジットカードで無意識的にアイテム課金をしてしまう中毒性もあります。
実際にソーシャルゲームで借金をしたり、生活費を使い込んでしまう人々が現れてきており、またソーシャルゲームを運営する会社の中にも「景品表示法違反」が指摘される悪徳業者が続出しています。

どん底からの挑戦

仮名 A.Oさん
年齢 32才
家庭 独身
仕事 WEBマーケティング事業

独身は寂しいと感じていたのがダメでした。独身でも幸せだ、いつかは相手が見つかるに違いないと希望を持っていればよかったのです。しかし仕事は順調でしたのでマンション購入を考えてみようと思ったのです。お金が有り余っていたので。もちろんいきなりマンション購入に至ったわけではありません。色んな投資関係のお話を聞いているうちに思いつたのでした。入門の勉強やセミナーにも出席しました。しかし最大級のミスがあったのです。それは投資に失敗した人の意見をきかなかったことです。成功した人の意見ばかりを聞き、ネットで検索すらしませんでした。検索すると断末魔だとか恐ろしい事実がたくさん見えてきました。先にこれをみておけば良かった。はじめようぜマンション購入の広告を見たのが間違いでした

詐欺事件に巻き込まれてしまったのです。被害相談をしようと思った頃にはもう遅かったです。女性の詐欺写メだとか会社のサービス残業だとかまだ可愛いものです。本当の詐欺事件で私のすべてが奪い取られてしまったのです。裁判や逮捕だと思ったのですがすでに犯人は逃げてしまって消息不明です。夢の中でも追いかけられ殺される夢を見始めました。おそらく心が不安定だったんでしょう。蛇や蜘蛛が身体の上を這いまわり、逃げても逃げてもついてくるのです。爆発や雷の中、飛行機の落下の夢を見続けるのです。あまりにも精神がまいってしまってスピリチュアルカウンセラーのところに行きました。カウンセリングは意味をなしませんでした。スピリチュアルペインのようなものを感じ始めました。根源的な痛みです。こんな状態なら死んだほうがいい。そこまで行ってしまったのです。宇宙とは何か。人生とは何か。その答えは。謎の構造物を横目に、宇宙の果てを越え、意識は外側へ、宇宙の始まりを見ました。しかしそれもまた現実ではなくやはり夢でした。そして気づいたのです。もう一回ここからやり直そうと。私は再び誕生をする。

人生はいつでもやり直せる。その結論に至ったのです。

弟は大丈夫だ! 10年ぶり!10年ぶりの3冠馬!

仮名 Cさん
年齢 40才
家庭 妻と子ども3人(男2人、女1人)
仕事 アパレル関係

Cさんは大学を出た後に、就職氷河期も何も関係なく大手電機メーカーに就職しました。入ったころは仕事も楽しく、負かされる仕事もすべて楽しかったようです。

けどそんなある日、独立しようかな、大手だけど仕事に飽きたしな。人生はチャレンジしていかないと。そういうことで妻と相談しアパレル系の会社を立ち上げました。

素晴らしい衣服ができあがり店頭に並べる、そんな毎日でした。しかしさっぱり商品が売れなくなってきたのです。それというのも近くに外資系のお店ができて、全部お客をもっていかれたのです。

また長男のKくんが不良と絡んで暴走族となり警察に追われる毎日となりました。家庭は荒れました。Cさんはお酒を飲みびたりギャンブルも始めました。最初は競馬だけでしたが、次に競輪、さらにパチンコまで。

消費者金融大手三社にも手を出しました(アコム、アイフル、モビット)。これぞ本当の三冠馬だな、と自分を自嘲しつつ行く所までいってしまってローン地獄に落ちてしまったのです。ある日妻にばれてしまって離婚の申し出を受けました。(あとで調べた所、彼女は浮気をしていたのです。騙されたんです)。そしてもうだめだなと俺と思った時、弁護士を競馬仲間から紹介されました。俺破産したことあるんだ、1回。なるほどと思って近所の法律事務所に足を運んだというわけです。

時間はかかりましたがなんとかお金の問題は解決。今から子どもたちとの関係を修復しようとする、そういう毎日を送っています