借金したけど弁護士に債務整理を頼めばチャラになるの?

借金

弁護士の役割

借金をしても弁護士に頼めばチャラになると考えている人はいますが、結論から言って、それは難しいです。

例え債務整理専門サイトで検索をして相談などをすると、債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの種類があることを知ります。そして最もよく利用されているのが任意整理です。

自己破産をすれば、借金はゼロになりますが、多くの人は自己破産を選びません。なぜなら、大きなデメリットがあるからです。自己破産をすると借金はすべてなくなりますが、資産もすべて没収されてしまいます。車やマイホームなどの資産価値のあるものは、すべて没収されます。

さらに、5年~10年間はブラックリストにのってしまうので、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。マイホーム購入のための住宅ローン、自動車購入のための自動車ローンが組めなくなるということは、人生に大きな影響をもたらすかもしれません。5年~10年という期間は、結構長いです。

また、ギャンブルや浪費で大きな借金を作った場合、免責不許可事由に該当するので、免責が下りない可能性があります。すなわち、借金がゼロにはならないということです。それだけでなく、最初から破産をして踏み倒すつもりで借金をした場合には、詐欺罪に該当してしまう可能性もあります。

弁護士に依頼すれば、借金問題を解決する可能性が広がります。債務整理弁護士を紹介する下記の専門サイトでは、借金問題の解決の可能性を伝えています。

「督促・取り立て」や「借金が減らない」といった借金問題は、専門家と相談することで、解決することができます。

日本では、キャッシングなどでどんなに多額の借金を背負ってしまったとしても、人生をもう一度やり直せるよう「債務整理」という法的手段を設けています。

借金苦によって肉体的にも精神的にも疲れ果て「死にたい」と思う方や、債権者に対する責任を果たそうとして自殺を考える方もいらっしゃいますが、実はどんな多額の借金を抱えたとしても「借金で自殺する必要はまったくない」ということです。

引用元:債務整理弁護士サイト

弁護士費用は?

さらに、自己破産を弁護士に依頼すると、30万円~40万円程度の弁護士費用がかかります。さらに、裁判所に納める予納金で20万円程度がかかることもあります。借金がゼロになっても、弁護士費用と裁判所費用は払わなければなりません。

このように、デメリットがとても大きいので、多くの人は任意整理で解決しようとします。しかし、任意整理で減額できるのは、利息と遅延損害金だけであり、元本はすべて返済しなければなりません。また、任意整理でも5年間はブラックリストにのってしまいます。

一番良いのは、借金をしてもきちんと返済をしていくことです。無理のない金額を借りて、余裕をもって返済をしていくことが、結果的には一番得をします。